Pocket

突然ですがあなたの視力低下は「脳の老化」が原因です!?

>> 詳細はこちらをクリック

視力回復&右脳活性プログラム『アイサプリ』 本部千博 評価

 

 

このサイトは、眼科医師・本部千博先生の『アイサプリ』は 右脳を活性化して視力を回復する視力回復&右脳活性プログラムの 『アイサプリ』視力回復に効果をもたらす秘訣とは? の評判などの情報をまとめました。

 

  1. ●本を読むとき、無意識に文字をよみとばす
  2. ●目の前にある探し物に気がつかなかった
  3. ●仕事で見落としのためミスが多くなった など、

 

3つの項目に心当たりのある人は、危険信号。 あなたの脳の力が衰えていることが原因で、 視力の低下が進んでいる可能性が高いと考えられます。 また、その逆に 視力の低下が、脳の老化を招いていることもあります。

 

「視力」と「脳力」は切っても切れない関係です。 眼鏡疲労、アルツハイマーまではいかなくても、脳は疲れています。 仕事や家庭、人間関係と気を遣うことで脳は疲れやすく、 老化が始まります。ストレスから現代社会は解放されませんが 視力回復とアップに効果的な方法があります。 視力回復をするためには、目の機能関係だけでなく、 「脳力」を活性化させる必要があるのです。

→ >> 「脳力」を活性化の詳細はこちらをクリック

視力回復&右脳活性プログラム『アイサプリ』 本部千博 評価バナー1

 

 

 

■なぜ、脳が活性化すると視力は回復するの? と、

あなたは疑問に思うことでしょう。 誰もがそう思うのは当然です。

この疑問を解消するためには 目と脳の関係を理解しておく必要があります。

 

「見る」ということは、

  1. ●「目」が「見て」情報収集する。
  2. ● 目で見た情報を「脳」が「見えた」と確認する。

 

という、目と脳の連携プレー。 眼球に映像は映っていても、脳がそれを認識しなければ、

「見えていない」のと同じことなのです。

その結果、

「目」と「脳」の能力を合わせてはじめて「視力」として ものが見えることなのです。

 

 

 

■目の筋肉ばかり鍛えても視力回復はできない?

今までの視力回復訓練では、 「目の筋肉を鍛える」というモノが主流でした。

でも、それでは片手落ち。

 

「脳力」も向上しなければ、「視力」は回復できません。

なぜなら、距離や奥行きなど、 目で見たものを立体的な情報として捉えるのは、

「脳」の役目だからです。

 

この最新の視力回復方法は 脳を活性化し、目との連携を高めることで 視力回復を図る、

今までにないプログラムです。

 

ゲームのような画面を毎日5分間、ただ眺めて楽しむだけ。

それだけで、 あなたの脳の活動を効果的に活性化させ、

視力をアップさせることが出来ます。

→ >> 「目」の効果的に活性化の詳細はこちらをクリック

 

 

 

■ここで、視力を取り戻した嬉しい声をお聞き下さい

 

check◇こんなに簡単に視力が回復するなんて。  

レーシック手術を受けなくてよかった。

check◇今年受験の娘が、このプログラムで視力アップしてから、  

勉強もずいぶんはかどっているみたいです。

check◇プログラム続けています。目の疲れもずいぶん違いますね。  

オフィスで一日パソコンに向かい合っているので、  目と脳のリフレッシュになっています。

あなたもぜひ、一日も早くこの喜びを感じてみてください!

→ >> メガネやコンタクトがいらない方法の詳細はこちら

 

 

 
視力回復&右脳活性プログラム『アイサプリ』 本部千博 評価バナー2