Pocket

視力回復トレーニングと手術といった2つの方法があります

こんにちは、視力向上委員会 本部千博です。

「やっぱりメガネやコンタクトはわずらわしい…」

と悩んでいませんか? 実は、レーシック手術をしないで

右脳を鍛えて視力アップできる最新プログラムがあります。

>> 詳細はこちらをクリック

視力回復&右脳活性プログラム『アイサプリ』 本部千博 評価

 

 

 

このサイトは、眼科医師・本部千博先生のレーシック手術を しないで視力を回復できるか? アイサプリは視力回復&右脳活性プログラムの 検証や内容などの情報をまとめました。

 

あなたはすでに、このサイトを 読んでいるということは、少なくとも、 現在、「視力」のことで 悩んでいらっしゃることは確かだと思います。

 

「視力の悩み」は、あなた自身の悩みでしょうか? それとも、ご家族やお子様のことですか? どちらにせよ、「視力の悩み」は深刻です。

→ >> 視力の悩みの詳細はこちらをクリック

視力回復&右脳活性プログラム『アイサプリ』 本部千博 評価バナー1

 

 

 

人間は、通常生活の8割以上の情報を視覚から得ていると言われています。 つまり、「視力が悪い」、「視力が悪くなる」 ということは、人間生活において死活問題にも等しいということなのです。

 

しかし、

 

普通はそこまで深刻には考えません。 メガネを使用したり、コンタクトレンズを装用したり、 最近では、レーザーで角膜を削って 強制的に視力を取り戻す、レーシック手術というものもあります。 でも、それらは本当に、視力低下の対策として正しいのでしょうか?

 

まず、

 

最も一般的なメガネです。 メガネを一度でもつけた人ならお分かりになると思いますが、 メガネというものは心強いものである反面、非常にわずらわしいものです。 出来れば「着けない」に越したことはありませんよね?

 

次に、コンタクトレンズ。 最近では、酸素透過性に優れたものなど、コンタクトレンズも 技術革新が日進月歩で進んでいますが、それでも相変わらず、 装用すると目は疲れるし、眼球への負担も否めません。

 

毎日の手入れも大変ですし、洗浄液などの維持メンテナンス費も 年間で考えると馬鹿になりません。 これもやはり、メガネと同じで、着けなくて良いならそれに越したことはありません。 そして、マスコミなどでも取り上げられ、 急速に需要が高まっているレーシック手術。

→ >> http://eyesapuri.com/

 

 

 

こちらも技術的なことでは数年前とは、進歩していますが、 問題がないわけではありません。 1つは、誰でも受けられる手術ではないということです。 角膜の薄さやその他の理由で、5人に1人くらいは、 望んでも手術を受けられないのです。

 

 

また、運良く手術を受けられたとしても、成功するとは限りません。 失明するようなことはまずないでしょうが、 「視力が良くなる」とは限らないのです。

 

手術後数週間、数ヶ月で元通りという場合もあるのです。 ある統計によりますと、手術の成功率は95%だと報告されています。 また、失敗しなかったとしても、 眼球を切除して角膜を削るのですから、 目自体に、良いはずがありませんよね。 多少なりとも負担が掛かるのは言うまでもなく、 実際、手術後に「見えすぎる」、「明るすぎてツラい」など、 調節力の異常症状のようなものがみられることもあるようです。

 

しかし……

 

多少の危険はあっても「目が良くなりたい」と思うのが人情。 その為、レーシックの需要と関心は日に日に高まっているのです。

 

ところが……

 

もしも、手術などしなくても「見える」ようになる方法があるとしたらどうでしょう?

 

しかも、

 

簡単に、誰にでも実践できる方法です。 早い人なら数日、遅い人でもわずか数週間で、効果が実感となって現れてきます。 レーシック手術でも、視力が落ち着くまでには、3ヶ月程度の猶予が必要だと言われているにも関わらずです。

 

一生メガネで過ごすことを「仕方がない」と思わないで下さい。 コンタクトレンズでこれ以上、目に負担を掛けないで下さい。

 

レーシックなどの高額な手術を受けなくても、あなたの視力を回復させる方法があります。

→ >> http://eyesapuri.com/

 

視力回復&右脳活性プログラム『アイサプリ』 本部千博 評価バナー2