Pocket

眼科医、本部先生の水先案内人を務めております、

視力向上委員会の前田和久さん楽しみながらの 視力と脳力の密接な関係に着目し、

視力回復のために特化された 「脳力」トレーニングプログラムに興味はありませんか?

 

視力回復のためには 脳の機能を改善することが有効です。

 

そして、そのために開発された 視力回復プログラムが先日より紹介している…

■【限定無料】プレゼントもありますので、 ご覧になってみてください。

→ >> 視力回復「アイサプリ」の詳細はこちらをクリック

 

 

 

でも、『アイサプリ』を用いても 脳が栄養不足状態だと その効力は半減してしまいます。

 

脳の健康と機能改善を考えるなら、 脳自体を鍛えることはもとより、 充分な栄養摂取が必要なのです。

 

ところで、脳と他の身体組織には 大きな違いがあるのをご存知ですか?

 

それは、脳の栄養源は ブドウ糖だけということです。

 

他の組織は三大栄養素なら、 どの栄養素でもエネルギー源に変換できますが、 脳はそうはいきません。

 

しかも脳は、実は大食漢。 常に莫大なエネルギーを消耗しています。

 

 

 

 

それなのに……

 

脳は、筋肉とは違って、 ブドウ糖を蓄えておくことができません。

 

血液中のブドウ糖だけでまかなえないと、 今度は肝臓に蓄えていたグリコーゲンを ブドウ糖に変換して補います。

 

でも、肝臓に備蓄されているグリコーゲンも それほど多くはありません。

 

長くても12時間程度で、 すぐに底をついてしまいます。

 

 

 

つまり、食生活が乱れてしまうと 脳のエネルギーはすぐに無くなって 栄養不足に陥ってしまうこともあるのです。

 

お腹が減ると 頭が回らないという人がいますが それは正しいことなのですね。

 

しかも、頭を使えば使うほど 栄養は消費されます。

 

脳の機能を最大限に活かすには、 栄養摂取は欠かせない条件なのです。

 

とくに朝食は大切。

 

 

 

朝は、ただでさえ血中の糖質が低い 「低血糖」の状態にあります。

 

その上さらに朝食を抜くと、 脳は完全に栄養不足の状態に。

 

学校や職場へ行っても、 全く集中できず、 しっかりと頭が働きません。

 

栄養を充分に摂ることで 脳は本来の能力を存分に発揮できるのです。

 

そして、栄養の行き渡った脳で『アイサプリ』

→ >> 視力回復「アイサプリ」の詳細はこちらをクリック

 

 

 

一日わずか数分、ゲーム感覚のプログラムを 実践するだけで、早い人なら数日で 視力回復効果が実感できるでしょう。

 

 

 

 

 

視力向上委員会の前田和久さん楽しみながら、 視力を回復!

視力回復&右脳活性プログラム「アイサプリ」 の「脳力」も向上しなければ、

「視力」は回復できません その理由と原因の検証、レビュー2などの情報を探して解決する。